あなたのお悩みは?

  • 頭
  • あご
  • 首
  • 肩
  • 背
  • 上腕
  • 下腕
  • 肘
  • 手
  • 腰
  • 股
  • 大腿
  • 下腿
  • 膝
  • 足

MENU SELECT

肩

アキレス腱炎

アキレス腱炎とは?

 

アキレス腱炎とはアキレス腱が過敏な状態にってしまい、スポーツや日常生活など様々な動作が痛くなってしまう状態です。

平均年齢は肉離れよりも高く、加齢による腱の変性が関連しているといわれています。

かかとの後ろ、つま先立ちなどで痛い、動き出しの時にかかとが痛い、などの症状が出る場合、アキレス腱炎になっている恐れがあります。

 

 

症状

歩き始めや運動している際に、ふくらはぎからかかとにかけて痛みが出る場合があります。その他に、アキレス腱に触れると、痛みを感じる以外に腫れがある場合もあります。

足関節の他動背屈、抵抗下自動底屈で痛みを感じ、背屈動作にやや可動制限があり、自分で動かした際、捻髪音が生じることもあります。

臨床的にはアキレス腱炎とアキレス腱周囲炎を区別するのは困難であり、両者とも症状はよく似ています。

 

 

原因

特に走ることが多い競技(長距離ランニング、ダッシュ、ジャンプなど)をする人に多く、アキレス腱への繰り返し過大な負荷に加えて腱の変性、下腿三頭筋の筋力及び柔軟性の低下、回内足変形が原因となります。

それだけでなく日常生活しかしていないのにアキレス腱炎になる人もおり、靴の不適合(踵部の高さ不足、柔軟性不足)なども原因であるといわれています。

 

 

治療法

安静にし激しい運動を控える、消炎鎮痛剤や外用剤などの保存治療、アイシングを行います。治りにくい場合には、かかとを高くした中敷き(足底板)を使用することで、アキレス腱の強い緊張を少なくすることができます。ふくらはぎが硬いとアキレス腱への負担が強いので、ストレッチをすることでふくらはぎを緩めていきましょう。また、温めたり、冷やしたり、超音波といった物理療法も効果的だと考えます。

アキレス腱炎は軽症と重症に分かれ、軽症の場合3週間から2ヶ月程で治癒するといわています。重症の場合、半年経っても半数の方は痛いままで、いつ治るのかと予測をするのは難しいです。痛みが1年以上続くことが多く、通常のケアだけでは完治しない場合が多いです。悪化させないように安静にしていてもなかなか改善されない場合、原因をはっきりさせる必要があるため、専門の医療機関に行くことをオススメします。

症状一覧

私たちの思い

どこに行ってもいまいち良くならない、改善しない、と悩んできた患者様を
今まで20,000人以上施術してきました!
痛みの原因は人それぞれですが、圧倒的に多かったものそれは関節のズレです!

骨や関節にズレ・歪みがある場合、マッサージ、鍼、お灸、電気治療等ではその場の痛みは取れたとしてもすぐに再発してしまいます。さらに歪みがある状態での固定やリハビリは治療が遅れるばかりか逆に悪化させることさえあります。

全関節に対応した矯正は当グループが全国初!
安全、性格、痛くないを追求した矯正法で関節のズレを整えます。長年の経験と実績を駆使し、これからも患者様の早期改善を一番に考える治療院であり続けます!

当院の
凄いところ!

産経新聞頃書籍「手技の達人30」に選ばれ、全国各地で技術セミナー開催したり国立大学での講師を務めるなど超実力派!
その技術の高さからTVやラジオ出演のほか全国紙で著名人との対談や数々のメディアで取り上げられる。勤務者も充実しており他院で院長の経験を持つ者が多数在籍しており、様々な講演活動をしている者などが集まっているハイレベルな治療院。

もうひとつ
凄いところ!

痛みを消すことなんて今や当たり前!病院でも諦められているとても難しい「しびれ」を、
当院では90%以上の改善率という物凄い数字を叩き出しています。
そしてこの三六式神経鍼治療もまた全国初の技術です。