あなたのお悩みは?

  • 頭
  • あご
  • 首
  • 肩
  • 背
  • 上腕
  • 下腕
  • 肘
  • 手
  • 腰
  • 股
  • 大腿
  • 下腿
  • 膝
  • 足

MENU SELECT

肩

腱板断裂

腱板断裂とは?

 

腱板断裂は、上腕の骨と肩甲骨とをつなぐ腱が切れてしまう状態(腱性部分の断裂)です。肩に強い痛みを感じる点は、四十肩・五十肩と似ています。 ところが、四十肩・五十肩は自然に軽快することがほとんどですが、腱板断裂では肩に力が入りにくく痛みがいつまでも続くことがあり、適切な治療が必要となります。

 

 

症状

40歳以上の男性(男62%、女38%)、右肩に好発しやすい症状です。

肩の運動障害・運動痛・夜間痛があり、受診する1番多い理由は、夜間痛で睡眠がとれないことです。 運動痛はあるが、多くの方は肩の挙上は出来ます。

五十肩と違うところは、関節の動きが固くなることが少ないということです。 他には、上げるときに力が入りにくい、上げると肩がジョリジョリという軋轢音がするという訴えもあります。

また、肩板断裂があっても症状のない無症候性断裂が半分以上を占めることも明らかになってきています。

 

 

原因

加齢による腱の変性、腱板収縮力による応力集中、肩峰との機械的な衝突、外傷など様々な要因が重なって発症すると考えられています。

他に、若年者のスポーツに伴ってみられる肩板断裂は、投球動作などの繰り返しの動作によって負荷がかかり発生すると考えられています。

 

 

分類

肩板構成筋は棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つであり、そのうち棘上筋腱が最も断裂しやすく、その分類として断裂の程度により、完全断裂(全層断裂)と不全断裂に分けられます。

 

完全断裂

腱が完全に断裂した状態。

棘上筋腱断裂では外転筋力低下、棘下筋腱断裂では外旋筋力低下、肩甲下筋腱断裂では内旋筋力の低下が認められます。

 

不全断裂

腱が部分的に断裂した状態で、断裂の大きさにより小断裂、中断裂、広範囲断裂に分けられ、さらに以下に分類されます。

 

滑液包面断裂

 

腱内断裂

 

関節面断裂

 

 

治療法

腱板断裂の治療では、保存療法(運動療法・薬物療法)と手術療法があります。

腱の変性が起きている中高年の場合には、まず保存療法を選択します。運動療法では、痛みによって緊張している筋肉を緩めるリハビリをします。また、棘上筋の腱板断裂の場合、他に断裂していない腱板や肩周りの筋肉を鍛えることにより肩の動きを良くしていきます。ただし、運動によっては症状が悪化する危険性があるので、必ず専門医の指導のもと行って下さい。

薬物療法では、断裂による炎症を抑えることで痛みを和らげます。薬でよく使用されるのは非ステロイド性消炎鎮痛薬の貼り薬や飲み薬で、寝ているときにも痛みがある場合はトラマドールやプレガバリンを服用します。強い痛みの場合、ヒアルロン酸や副腎皮質ステロイド薬の関節内注入をすることがあります。

これらを行うと3〜6カ月くらいでおよそ7割の人で症状が軽快していきますが、それ以外で症状の軽快がみられない場合には手術療法が選択されます。

症状一覧

私たちの思い

どこに行ってもいまいち良くならない、改善しない、と悩んできた患者様を
今まで20,000人以上施術してきました!
痛みの原因は人それぞれですが、圧倒的に多かったものそれは関節のズレです!

骨や関節にズレ・歪みがある場合、マッサージ、鍼、お灸、電気治療等ではその場の痛みは取れたとしてもすぐに再発してしまいます。さらに歪みがある状態での固定やリハビリは治療が遅れるばかりか逆に悪化させることさえあります。

全関節に対応した矯正は当グループが全国初!
安全、性格、痛くないを追求した矯正法で関節のズレを整えます。長年の経験と実績を駆使し、これからも患者様の早期改善を一番に考える治療院であり続けます!

当院の
凄いところ!

産経新聞頃書籍「手技の達人30」に選ばれ、全国各地で技術セミナー開催したり国立大学での講師を務めるなど超実力派!
その技術の高さからTVやラジオ出演のほか全国紙で著名人との対談や数々のメディアで取り上げられる。勤務者も充実しており他院で院長の経験を持つ者が多数在籍しており、様々な講演活動をしている者などが集まっているハイレベルな治療院。

もうひとつ
凄いところ!

痛みを消すことなんて今や当たり前!病院でも諦められているとても難しい「しびれ」を、
当院では90%以上の改善率という物凄い数字を叩き出しています。
そしてこの三六式神経鍼治療もまた全国初の技術です。