あなたのお悩みは?

  • 頭
  • あご
  • 首
  • 肩
  • 背
  • 上腕
  • 下腕
  • 肘
  • 手
  • 腰
  • 股
  • 大腿
  • 下腿
  • 膝
  • 足

MENU SELECT

肩

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは?

 

変形性膝関節症(OA)とは膝関節の症状の中でも頻繁に見られる症状で特に50代以上の女性に多く見られる症状で
おおよそ3:1ほど男女差があります。膝関節は上半身の重みがかかるだけでなく歩行時や階段の上り下りなど日常生活でも負担のかかりやすい場所なので関節の変形が特に起こりやすい部位になります。日本での変形性膝関節症の場合圧倒的に内反変形性が多く85パーセント以上が内反変形です。
まれに外反変形の方も見られますがその数はわずかです。

 

 

症状

初期段階では動作の開始時のみに痛みを訴える事が多く症状が悪化、進行してくると動作での痛みいわゆる、運動痛を訴えるようになります。特に階段の上り下りや歩行時、さらに無理して使ったりして悪化してくると動かしてない時に痛みが出たり夜寝ている時に疼いて痛みで目が覚めたりしてきます。人によって屈伸時のクリック音やロッキングが出てきたり関節で炎症が出てくると水がたまってきて運動に制限がかかったりもします。痛みの出る場所は軟骨の変性が強いであろう、内側の関節裂隙部分に強く出ます。

女性ではふくらはぎに静脈瘤がしばしば認められます。

 

 

原因

変形性膝関節症の病因は一次性と二次性に分けられます。

一次性(特発性)変形性関節症

◉抹消小関節:指節間関節〔Heberden 結節(DIP関節)、Bouchard 結節(PIP 関節)など〕

◉他の抹消関節:母指 CM 関節など

◉大関節:膝関節、股関節など

◉脊椎:椎間関節、椎体間

◉その他:全身性[変形性]関節症(GOA)、びまん性特発性骨増殖症(DISH)

 

二次性(続発性)変形性関節症

◉外傷:急性、慢性(スポーツ、職業関連)

◉基礎関節疾患

局所性:骨折、感染、骨壊死、股関節脱臼、臼蓋形成不全、Perthes 病、

骨頭すべり症、半月板切除後など

全身性:関節リウマチ、関節弛緩、出血性素因

◉結晶誘発性(沈着性)疾患:尿酸ナトリウム(痛風)、ピロ燐酸カルシウム(偽痛風)など

◉全身性代謝疾患・蓄積性疾患:破壊性脊椎関節症、アルカプトン尿症、ヘモクロマトーシス、Wilson 病など

◉内分泌疾患:末端肥大症、副甲状腺(上皮正体)機能亢進症

◉神経病性関節症(Charcot 関節):脊髄癆、糖尿病など

◉家族性変形性関節症:多発性骨端異形成症や脊椎骨端異形成症などの骨系統疾患に伴うもの

◉その他

〈参考文献〉標準整形外科学 10 P.233

 

明確な原因があるものは二次性、明らかな原因が認められない場合は一次性に分類されます。

 

 

診断

年齢や臨床症状、X 線像、関節液の状態などを総合的にみて診断することが必要です。

関節液が透明でなく混濁してきている場合には関節リウマチや偽痛風、感染性関節炎などとの鑑別診断が大事になってきます。

 

 

治療法

保存療法

治療としてはまずは安静です。無理して使っているといくら治療しても痛みが取れにくい体になってしまい痛みが
慢性化してきてしまい最終的に手術という選択肢か残らなくなってしまいますのでまずはそこを避けるために安静がとても重要になってきます。痛みの原因となる動作を避け、マッサージやストレッチで膝の周りの筋肉をほぐし柔軟性を保ち関節の歪みやズレがある場合は矯正を行い関節を正常な位置に戻します。プラスα針治療や超音波治療を組み合わせていくと痛みは軽減してくるでしょう。

 

手術療法

保存療法で症状の改善がみられない間接破壊が進展した状態の場合は、手術療法を検討します。

比較的若年者で関節全体に変性が及んでいない場合は、骨切り術が選択されることが多いですが、末期の場合で、年齢が60〜70歳以上であれば人工関節置換術を考慮します。

症状一覧

私たちの思い

どこに行ってもいまいち良くならない、改善しない、と悩んできた患者様を
今まで20,000人以上施術してきました!
痛みの原因は人それぞれですが、圧倒的に多かったものそれは関節のズレです!

骨や関節にズレ・歪みがある場合、マッサージ、鍼、お灸、電気治療等ではその場の痛みは取れたとしてもすぐに再発してしまいます。さらに歪みがある状態での固定やリハビリは治療が遅れるばかりか逆に悪化させることさえあります。

全関節に対応した矯正は当グループが全国初!
安全、性格、痛くないを追求した矯正法で関節のズレを整えます。長年の経験と実績を駆使し、これからも患者様の早期改善を一番に考える治療院であり続けます!

当院の
凄いところ!

産経新聞頃書籍「手技の達人30」に選ばれ、全国各地で技術セミナー開催したり国立大学での講師を務めるなど超実力派!
その技術の高さからTVやラジオ出演のほか全国紙で著名人との対談や数々のメディアで取り上げられる。勤務者も充実しており他院で院長の経験を持つ者が多数在籍しており、様々な講演活動をしている者などが集まっているハイレベルな治療院。

もうひとつ
凄いところ!

痛みを消すことなんて今や当たり前!病院でも諦められているとても難しい「しびれ」を、
当院では90%以上の改善率という物凄い数字を叩き出しています。
そしてこの三六式神経鍼治療もまた全国初の技術です。