あなたのお悩みは?

  • 頭
  • あご
  • 首
  • 肩
  • 背
  • 上腕
  • 下腕
  • 肘
  • 手
  • 腰
  • 股
  • 大腿
  • 下腿
  • 膝
  • 足

MENU SELECT

肩

膝関節 半月板損傷

膝関節 半月板損傷とは?

 

半月板とは大腿骨と脛骨の関節にある繊維軟骨性の板で関節の安定性を保ってくれるだけでなく衝撃を吸収、分散してくれるクッションの役割を担う他、滑液の関節腔内への拡散を助けてくれるなど膝の関節で重要な役割を担っています。ということは、この半月板を損傷してしまうと膝の多くの機能が障害されるだけではなく、そこをかばうため他の箇所にも痛みが出てきます。

 

 

症状

受傷と同時に激痛が走り、完全に膝を伸ばす事が出来なくなります。階段の上り下りで荷重時痛、引っかかりなどを関節裂隙部に感じ圧痛も同部位に感じます。その他に関節血腫、水腫やロッキング、クリック音を訴えます。

 

 

原因

若い人ではスポーツ時に受傷される方が多く、サッカー、陸上、バスケットなどで見かけられます。膝関節の屈伸に下腿の回旋が加わった際に受傷します。多くは内側側副靭帯や前十字靭帯など、他の障害に合併する事が多いです。
損傷自体は内側型の損傷が多く、小児では形態異常により損傷する事が多く高齢者の場合では年齢と共に変性しそれが原因で痛みが出てくるものもあり明らかな外傷性が無い事も多いです。

 

 

分類

断裂の形態から、以下に分類されます。

縦断裂

10、20歳代の若年者のスポーツによる陳旧例では、半月板辺縁部の縦断裂を生じることが多いです。

 

横断裂

10、20歳代の若年者のスポーツによる新鮮例では、外側半月後角の横断裂を生じることが多いです。

 

水平断裂

小児期では、そのほとんどが円板状メニスクスの損傷で、水平断裂です。

 

テスト法

半月板損傷を判断する上で重要なマックマレーテスト、圧迫アプレイテストを行い、陽性であれば半月板損傷を疑います。

 

 

治療法

保存療法

急性期の場合まずRICE処置を行い、痛みや腫れが引いてきたらマッサージやストレッチなどの物理療法や運動治療を行います。これでも繰り返し腫れがでてきたり、その他の怪我との合併の場合は手術を行う場合もあります。

 

手術療法

若年者のスポーツ外傷の場合、縦断裂が多いため原則として関節鏡視下の半月板縫合を行います。

水平断裂や横断裂の場合は部分切除を行います。

症状一覧

私たちの思い

どこに行ってもいまいち良くならない、改善しない、と悩んできた患者様を
今まで20,000人以上施術してきました!
痛みの原因は人それぞれですが、圧倒的に多かったものそれは関節のズレです!

骨や関節にズレ・歪みがある場合、マッサージ、鍼、お灸、電気治療等ではその場の痛みは取れたとしてもすぐに再発してしまいます。さらに歪みがある状態での固定やリハビリは治療が遅れるばかりか逆に悪化させることさえあります。

全関節に対応した矯正は当グループが全国初!
安全、性格、痛くないを追求した矯正法で関節のズレを整えます。長年の経験と実績を駆使し、これからも患者様の早期改善を一番に考える治療院であり続けます!

当院の
凄いところ!

産経新聞頃書籍「手技の達人30」に選ばれ、全国各地で技術セミナー開催したり国立大学での講師を務めるなど超実力派!
その技術の高さからTVやラジオ出演のほか全国紙で著名人との対談や数々のメディアで取り上げられる。勤務者も充実しており他院で院長の経験を持つ者が多数在籍しており、様々な講演活動をしている者などが集まっているハイレベルな治療院。

もうひとつ
凄いところ!

痛みを消すことなんて今や当たり前!病院でも諦められているとても難しい「しびれ」を、
当院では90%以上の改善率という物凄い数字を叩き出しています。
そしてこの三六式神経鍼治療もまた全国初の技術です。