あなたのお悩みは?

  • 頭
  • あご
  • 首
  • 肩
  • 背
  • 上腕
  • 下腕
  • 肘
  • 手
  • 腰
  • 股
  • 大腿
  • 下腿
  • 膝
  • 足

MENU SELECT

肩

野球肘

野球肘とは?

 

野球肘とは10〜16歳のピッチャーやキャッチャー歴のある野球少年に多い、野球の投球動作で起こる肘の障害で、主に上腕骨内側上顆炎を総称として野球肘と呼んでいるがゴルフやテニスのフォアハンドなど野球以外でも起こる肘の疼痛性運動障害です。また、成長期に繰り返される投球動作が原因で発生する野球肘の事をリトルリーガー肘(エルボー)と言います。

 

 

症状

症状は肘の内側の痛み、腫れ、圧痛、伸展時の可動域制限投球動作時の痛み、内側上顆の炎症、前腕回内曲筋群、内側側副靭帯に引っ張られて起こる内側上顆裂離骨折があります。また、将来的に関節の不安定性や遅発性尺骨神経麻痺などもあります。

 

 

分類

内側型、外側型、後方型の3つに分類されこの中で大部分を占めるのが内側型です。

内側型

内側型はコッキング期から加速期にかけて肘に強い外反ストレスに対し前腕回内曲筋群が強く収縮し、また内側側副靭帯により強い引っ張りの力が肘の内側にかかり発生します。

内側側副靱帯の牽引力による裂離骨折、靭帯損傷です。

 

外側型

上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎、橈骨頭の肥大、関節内遊離体。

 

後方型

肘頭骨端線閉鎖遅延、肘頭疲労骨折、骨棘形成

 

 

原因

投球動作は加速期、フォロースルー期に分けられ、それぞれに負荷がかかる部位、負荷のかかり方が分かれ、主に肘内側に牽引力、圧迫力が繰り返し加わり負傷します。

 

 

治療法

予防(投げ過ぎの禁止)及び早期発見と投球禁止が重要です。

保存療法で治療を行なっていきますが、成長期におけるものは将来性も加味しながら治療を行なって行くために治療が治療は長期化する事が考えられる。保存療法も最低3ヶ月間行い、投球動作はもちろんバッティング練習も禁止とします。
固定を行い、痛みがなくなってきたらリハビリ、自動運動を行いますが状況によっては手術を行う事もあります。

 

 

予後

内側型、後方型の予後は良好ですが、外則型(離断性骨軟骨炎)で分離期や遊離期に移行すると野球に復帰できる例は少なく、変形性関節症に移行しやすい。

とにかく早期発見、早期治療が原則です。

症状一覧

私たちの思い

どこに行ってもいまいち良くならない、改善しない、と悩んできた患者様を
今まで20,000人以上施術してきました!
痛みの原因は人それぞれですが、圧倒的に多かったものそれは関節のズレです!

骨や関節にズレ・歪みがある場合、マッサージ、鍼、お灸、電気治療等ではその場の痛みは取れたとしてもすぐに再発してしまいます。さらに歪みがある状態での固定やリハビリは治療が遅れるばかりか逆に悪化させることさえあります。

全関節に対応した矯正は当グループが全国初!
安全、性格、痛くないを追求した矯正法で関節のズレを整えます。長年の経験と実績を駆使し、これからも患者様の早期改善を一番に考える治療院であり続けます!

当院の
凄いところ!

産経新聞頃書籍「手技の達人30」に選ばれ、全国各地で技術セミナー開催したり国立大学での講師を務めるなど超実力派!
その技術の高さからTVやラジオ出演のほか全国紙で著名人との対談や数々のメディアで取り上げられる。勤務者も充実しており他院で院長の経験を持つ者が多数在籍しており、様々な講演活動をしている者などが集まっているハイレベルな治療院。

もうひとつ
凄いところ!

痛みを消すことなんて今や当たり前!病院でも諦められているとても難しい「しびれ」を、
当院では90%以上の改善率という物凄い数字を叩き出しています。
そしてこの三六式神経鍼治療もまた全国初の技術です。