あなたのお悩みは?

  • 頭
  • あご
  • 首
  • 肩
  • 背
  • 上腕
  • 下腕
  • 肘
  • 手
  • 腰
  • 股
  • 大腿
  • 下腿
  • 膝
  • 足

MENU SELECT

肩

肋骨骨折

【肋骨骨折とは?】

 

肋骨は外からの力が加わりやすい為、全骨折の中でも発生頻度は高く、

交通事故やスポーツ、職業によっては仕事中などで肋骨に強い衝撃が加わったり高い所から転落など、直接的に力がかかった時に起こる物と、

閉経後の女性で骨粗鬆症を起こしている方は軽い衝撃や激しい咳・くしゃみ、

男性の方ではゴルフスイング中に疲労骨折を起こす方がいます。

幼児の肋骨は柔らかく弾力性がある為、骨折は稀です。

もし幼児に肋骨の骨折が起こった場合は近年増加している虐待も疑った方が良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

【症状】

 

骨折を起こした箇所の圧痛が強く、肋骨を前後左右から圧迫すると骨折部に痛みが響きます。

また、腰を前後に動かしたり左右に捻るなどの運動痛も強く肋骨骨折で特徴的な咳やくしゃみ、深呼吸により痛みが増してきます。

稀に合併症で外傷性気胸、血胸、内臓損傷など折れた肋骨の骨片が痛めてしまう事があるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

【好発部位】

 

直接肋骨に力が加わった際に起こる骨折では骨折は第5〜8肋骨に多く、特に第7肋骨に多いです。

ゴルフスイングによる疲労骨折での場合は右利きの人の場合、左の第2〜9肋骨の肋骨角付近に起こる事が多く

特に第5肋骨、第6肋骨に多いです。

逆に第1、2肋骨は胸部の中でも比較的深い所にあり前の鎖骨、後ろの肩甲骨や周りの筋肉により守られている為、他の肋骨に比べると骨折の頻度は低く、

第11、12肋骨いわゆる浮遊肋は肋骨頭関節にしか関節がなく運動性が高い為骨折を起こしにくい箇所です。

 

 

 

 

 

 

 

【治療】

 

治療としては多発骨折や骨片の転位の大きいものや内臓損傷などの合併症がなければ保存療法で行います。

不全骨折や大きな合併症がない場合の骨折の予後は良好で約3週間程度で完治します。

症状一覧

私たちの思い

どこに行ってもいまいち良くならない、改善しない、と悩んできた患者様を
今まで20,000人以上施術してきました!
痛みの原因は人それぞれですが、圧倒的に多かったものそれは関節のズレです!

骨や関節にズレ・歪みがある場合、マッサージ、鍼、お灸、電気治療等ではその場の痛みは取れたとしてもすぐに再発してしまいます。さらに歪みがある状態での固定やリハビリは治療が遅れるばかりか逆に悪化させることさえあります。

全関節に対応した矯正は当グループが全国初!
安全、性格、痛くないを追求した矯正法で関節のズレを整えます。長年の経験と実績を駆使し、これからも患者様の早期改善を一番に考える治療院であり続けます!

当院の
凄いところ!

産経新聞頃書籍「手技の達人30」に選ばれ、全国各地で技術セミナー開催したり国立大学での講師を務めるなど超実力派!
その技術の高さからTVやラジオ出演のほか全国紙で著名人との対談や数々のメディアで取り上げられる。勤務者も充実しており他院で院長の経験を持つ者が多数在籍しており、様々な講演活動をしている者などが集まっているハイレベルな治療院。

もうひとつ
凄いところ!

痛みを消すことなんて今や当たり前!病院でも諦められているとても難しい「しびれ」を、
当院では90%以上の改善率という物凄い数字を叩き出しています。
そしてこの三六式神経鍼治療もまた全国初の技術です。